MENU

夜間清掃の特徴とは!?依頼時のポイント

清掃会社は、日中だけでなく夜間の清掃サービスを提供しているところが多いです。
オフィスなど、日中に作業をすると都合が悪いような場合に利用されることがあります。

夜間清掃サービスは日中に行う清掃サービスとは異なる点も多く、単に清掃作業をする時間帯が違うだけではありません。
夜間清掃を依頼する前に、特徴や注意点などをよく理解しておくことが大切です。
本記事では、夜間清掃サービスについて解説していきます。

夜間清掃の特徴

ここでは夜間清掃サービスの特徴について、日中の清掃サービスと比較しながら紹介していきます。

特徴1:日中に清掃するのが難しい箇所も清掃できる

夜間になるとオフィスの従業員が退社して誰もいなくなるため、日中は掃除が難しい箇所でも掃除できるようになります。
例えば、デスクの下や椅子などは日中に掃除するのは難しいですが、夜間なら簡単に掃除できるでしょう。
フロアの清掃も夜間なら日中よりも丁寧に行なえます。

特徴2:日中によりも料金が割高

夜間清掃は、日中に行う清掃よりも料金が高めの傾向にあります。
その理由は、労働基準法により深夜時間帯は割増賃金の支払義務があるためです。
日中よりも人件費が多くかかっていることから、高めに設定しなくてはならない事情があります。

特徴3:近隣住民への配慮が必要なことも

夜間は周りが静かになるため、音が遠くまで響きやすいです。
昼間ならあまり気にならないような音でも、夜間だと近隣住民がうるさいと感じてしまうこともあります。
そうなると、自社に対して良くない印象を与えてしまうため注意が必要です。
特に近くに一般住宅がある場合には、近隣住民へ配慮しながら作業をしてもらうようにしましょう。

夜間のセキュリティ体制で確認したいこと



清掃会社に清掃を依頼するということは、オフィス内に清掃会社のスタッフを入れることになります。
そのため、貴重品の管理や情報漏洩の防止を徹底しなければなりません。
夜間清掃を依頼する際には、鍵の管理にも注意が必要です。
夜間清掃においても、基本的に立ち会いが必要とされていますが、清掃会社のスタッフに鍵を預けるケースも少なくありません。
その場合には、会社のスタッフが清掃終了後に施錠するため、その時間などを記録してもらうのが望ましいです。

また、書類などをデスクの上に出しっぱなしのままにしておくと、情報漏洩のリスクが高まります。
退社時に書類をきちんとしまい、パソコンにはパスワードを設定しておきましょう。

夜間清掃を依頼する際のポイント

夜間清掃を依頼する前に、対応してもらえる箇所や清掃内容について確認しておきましょう。
清掃会社によっては、日中と夜間で対応可能な箇所や内容が異なることもあります。
また、音や臭いに注意しながら作業してくれるかどうかの確認も重要です。
料金に関しては、ホームページなどに記載されている料金より割増になるところもあるため注意しましょう。

夜間清掃を依頼するメリット

夜間清掃を依頼することで、以下のようなメリットがあります。

メリット1:業務中の時間を避けて清掃できる

夜間清掃は自社の従業員が仕事をしている時間帯と重なることなく、清掃できるのがメリットです。
業務中に同じ空間で清掃作業をされると、気が散ってしまったり邪魔に感じてしまったりすることもあるでしょう。
夜間清掃ならそのようなことがなく、いつでも綺麗な環境で集中して業務に取り組めます。

メリット2:同じフロアの他の会社に迷惑がかからない

オフィスビルの場合、同じフロアに他の会社が入っていることもあるでしょう。
昼間に清掃すると洗剤の臭いなどで、他の会社に迷惑をかけてしまう可能性もあります。
事前に納得を得るために事情を説明しに行ったり、謝りに行かなければいけないこともあるでしょう。

夜間清掃の場合、上記のようなことが少ないのがメリットです。
同じフロアの他の会社のことを気にせずに、清掃サービスを利用できます。

メリット3:夜間でないと掃除できない箇所もある

日中は自社の従業員が仕事で使用していて掃除できない箇所もあるでしょう。
掃除できる箇所だけ綺麗になるので、オフィス全体として綺麗さにムラができてしまうこともあります。
電話や椅子などの消毒も、従業員がオフィスで仕事をしているときはなかなかできません。
夜間清掃であれば、日中に掃除できない箇所も問題なく掃除できるのがメリットです。
オフィス全体を均一に綺麗にできます。

夜間清掃を上手に取り入れましょう

夜間清掃は、オフィスの従業員が退社した後の夜間帯に行う清掃サービスです。
日中に従業員が仕事をしている中で清掃しなくて済み、オフィス全体を均一に綺麗にできます。
同じフロアの他の会社に気を遣うことも少ないでしょう。
料金がやや割高であり、鍵の管理や情報漏洩対策などセキュリティ面での注意が必要ですが、とても便利なサービスといえます。
清掃サービスを利用するなら、ぜひ夜間清掃も検討してみてください。

お問い合わせ