MENU

清掃サービスごとの特徴を知ろう!依頼をするメリット

清掃サービスは、内容によりいくつかの種類に分かれています。
清掃会社は、清掃サービスごとの特徴を理解した上で選ぶようにしましょう。
本記事では、清掃サービスの中でも代表的な「日常清掃」と「定期清掃」を中心に、特徴や具体的なサービス内容について紹介していきます。

日常清掃サービスの特徴

日常清掃は、1週間に数回の頻度で行う基本的な清掃サービスとなります。
具体的な内容は、主に以下の通りです。

  • フロアや廊下のモップがけ、掃除機がけ
  • トイレの掃除
  • 給湯室などの水回りの掃除
  • デスクやテーブルの拭き掃除
  • 窓サッシのホコリ取り
  • ドアノブや電話、テーブルなどの除菌
  • ゴミの回収

日常的に発生する汚れを取り除く作業が中心で、オフィスや店舗、病院などでは毎日行っているところも多いです。
大掛かりな作業や、高度な清掃内容は含まれません。

定期清掃サービスの特徴



定期清掃は、日常清掃だけではカバーしきれないところを本格的に掃除するサービスを指します。
事前に日時を決めた上で、1〜3ヶ月に1回くらいの頻度で行うことが多いです。

定期清掃の具体的な内容は、以下の通りです。

  • フロアのワックス塗り
  • フロアのカーペット洗浄
  • ブラインドの洗浄
  • エアコンのメンテナンス
  • 照明器具のメンテナンス

定期清掃は掃除だけにとどまらず、設備の洗浄やメンテナンス作業が多いのが日常清掃との大きな違いです。
大掛かりな清掃が中心となり、プロの知識や技術が必要になるため、自社の従業員が行うのは難しいでしょう。
そのため、日常清掃にあたる内容は自社の従業員で行い、定期清掃のみ清掃会社に依頼することも珍しくありません。

その他の清掃サービス

清掃会社では、日常清掃と定期清掃以外の清掃サービスも提供しています。
ここでは、代表的な清掃サービスである「巡回清掃」と「スポット清掃」について紹介します。

巡回清掃

巡回清掃は、日常清掃よりもやや少ない頻度で行います。
主に、マンションの共用部分などを、1週間に1~2回程度の清掃をします。

清掃内容は、日常清掃と重なる点が多いといえます。
床の掃除は日常清掃と同じようにモップがけや掃除機がけで済ませることもあれば、ワックスがけを行うこともあります。
窓の掃除やカーペットの掃除、トイレ掃除などは日常清掃とほぼ同じ内容です。

また照明器具に関しては、掃除をするだけでなく正常に点灯するかどうかのチェックや電球の交換作業なども行います。

スポット清掃

スポット清掃は、特定の箇所だけ集中的に行う清掃をいいます。
他の清掃サービスと違って継続的に行うものではなく、必要なときにのみ依頼をします。

清掃内容は定期清掃に近いものがあり、床のワックス塗りやエアコンの分解洗浄など、大掛かりな作業や専門性の高い作業が中心です。
鳥の糞の除去や、防鳥ネットの取り付けなども依頼できます。
また、トイレの尿石汚れやシンクの水垢汚れなどにも対応しており、汚れが蓄積していることに気づいて依頼することもあるでしょう。

会社に依頼するメリット

清掃作業を会社に依頼することで、以下のようなメリットがあります。

メリット1:外部からの印象が良くなる

清掃会社に掃除をしてもらうことで、従業員が掃除をするよりも綺麗な状態を保つことができます。
社外の方が来客したときには、会社の印象が良くなる可能性が高まるでしょう。
新規の取引先を開拓するうえでも、既存の取引先と良好な関係を保つ上でもプラスに働くといえます。

メリット2:従業員のモチベーションが上がる

オフィスの中が綺麗になることは、従業員にとっても嬉しいことです。
汚れた環境で仕事をするときと比べて、モチベーションが上がる方が増えるでしょう。
仕事の効率が上がったり、オフィス全体の雰囲気が良くなる効果もあるでしょう。

メリット3:従業員の負担が減る

従業員がオフィス内の掃除をする場合には、本来の仕事に充てる時間と労力を削っていることになります。
それが原因で仕事のパフォーマンスが低下していることもあるかもしれません。
清掃会社に清掃を依頼すれば、従業員は本来の仕事に専念できて、業務効率の向上が望めるでしょう。

清掃サービスごとの特徴を知っておきましょう

清掃会社では、日常清掃や定期清掃から巡回清掃やスポット清掃まで、さまざまな清掃サービスを提供しています。
これらの清掃サービスはプロの手で行われるので、オフィス内を常に綺麗に保てるのが魅力です。
会社の印象が良くなったり生産性の向上につながったりすることも多いため、ぜひ清掃サービスの利用を検討してみてください。

お問い合わせ